横浜についてひたすらまとめるブログ

Webライター・カナリヤ響子が横浜について、役立つ情報をひたすらまとめるブログ。横浜な日常も書きます。

横浜市中区石川町の濡れ地蔵とは?言い伝えがちょっと悲しい・・・

f:id:kyokocanarysan:20170803004337j:plain

こんばんは。カナリヤ響子です。

 

私が住んでいるのは、石川町の駅の近く。元町中華街や山手の近くでもあります。よく利用するのは石川町駅

 

石川町駅の南口から歩いて3分くらいのところに、濡れ地蔵という大きなお地蔵様が祀られています。

 

いつもこのお地蔵さんが気になっていたカナリヤ。そこで、色々調べてみました。

 

横浜石川町の濡れ地蔵とは?

JR根岸線石川町駅の南口から出ると、目の前に中村川という川が流れています。その川に沿って元町とは反対の方向(南口から出て左方向)に進んでいくと、「亀の橋」という大きな交差点があります。

 

そして、そこに見えるのが結構大きくて存在感あるお地蔵様の「濡れ地蔵」です。

 

濡れ地蔵は、横浜で生糸輸出業を仕切っていたフランス人が、昭和初期に古美術品を扱っていたサムライ商会社長から譲り受けたものです。

 

現在は、石川町周辺の子供たちを守るため、そして、大きな交差点付近に安置されていることもあり交通安全のために祀られているそうです。

 

横浜石川町の濡れ地蔵と地蔵坂の関係

f:id:kyokocanarysan:20170803004315j:plain

そういえば、以前の記事で横浜石川町の地蔵坂の話をしました。

 

www.kyokocanaryblog.com

 

地蔵坂は、この濡れ地蔵がある坂だった頃からつけられた名前です。

 

というのも現在の濡れ地蔵は、山手から地蔵坂を降り切ったところの亀の橋の交差点に安置されていますが、昔の濡れ地蔵は地蔵坂の坂の途中に安置されていたのです。

 

そのお地蔵様は、関東大震災の時に倒壊してしまいました。その後、修復をして昭和54年に地蔵坂の途中に再び安置されました。

 

さらに、近所のお地蔵様と共に平成13年に今の亀の橋の交差点付近に安置されたのです。

 

確かに、お地蔵様は一体ではなくて、3体くらいあります。

 

安置場所を移動した理由は、私の推測ですが、、、単純に坂の途中にあるとお参りしにくいからではないでしょうか。結構きつい坂なので、お年寄りがお参りにいくのは大変だと思います。

 

石川町駅の周辺は結構平坦ですから、お参りもお掃除もしやすいと思います。

 

 

f:id:kyokocanarysan:20170803004244j:plain

 

 

スポンサーリンク

 

横浜石川町の濡れ地蔵の言い伝え

f:id:kyokocanarysan:20170803003156j:plain

 

問題は、なぜこのお地蔵様を濡れ地蔵と呼んでいるのか?です。調べてみると、そこには悲しい言い伝えがありました。

 

悲し言い伝えの内容は、14歳とか15歳くらいで身売りをしていた少女が、このお地蔵様に手を合わせた後に、海に身を投げてしまったという話でした。。。少女が海に身を投げたと思われる時間に、お地蔵様が濡れているのを発見した人がいたそうで、そこから「濡れ地蔵」という名前がつきました。

 

 

 

ということで、それを知った日から、ほぼ毎日、手を合わせに行っているカナリヤです。。。

 

スポンサーリンク